2018年5月8日火曜日

作製したミッションの動作チェックをしましょう#2

前記事ではミッションの根幹であるタスク動作の確認をしましたが、ミッションには他にも確認しておかなければいけない事項が結構ありますね

全ての確認項目を書き出していくのも大変なので私が過去に経験した確認不足を何個か挙げていきます(ᵔᴥᵔ)

•プレイヤースロットは全てBlueforのはずがOpforにもプレイヤースロットが何故か存在した
原因:ミッション内にプレイヤーユニットが存在しない場合ユニットを配置すると自動的にプレイヤースロットになる

•ミッションに必要なItemが存在しない
例:無線機の用意し忘れ(時代設定や作者の意図次第でもあります)
例:破壊ミッションなのに必要な爆発物をミッションに配置し忘れ
例:救出や拉致に必要なケーブルタイ無し
例:空挺降下なのにパラシュート無し
例:夜間ミッションにNVやライト無し(こちらも意図的な場合有り)

•アクションメニューなどからテレポートした先がオブジェクトの中に湧いてしまい進行不能

•メディック(エンジニア)スロットに入ったが機能を有していない
原因:ユニットクラスがメディック(エンジニア)以外になっていた

•途中参加可能なミッションで合流する術が無い
例:テレポート無し
例:長距離移動をしないと合流出来ないがVehicle無し

•途中参加者がサーバーと同期していない為タスク状況に差異がある
解決:PublicVariableを記述するなどJIP対策する

•敵が何故か発砲してこない
原因:敵対Factionが(インディペンデンス等)友好関係のまま

•スポーン系スクリプトで想定外な多重湧き
原因:スクリプトをサーバー側に限定し忘れ(isServer等)

•ゲームがどんどん重くなる
原因:Loop系スクリプト(while等止める条件無し)

他にも沢山ありますが(汗
やらかした数だけミッション作りのスキルになります?ので沢山失敗して沢山ミッションを作っていきましょう(ᵔᴥᵔ)


2018年5月7日月曜日

作成したミッションの動作チェックをしましょう

作成したミッションが不具合無くちゃんと進行してミッションエンドまで動くかチェックする方法を紹介します(ᵔᴥᵔ)  

やり方は人それぞれ色々あると思いますが私が主にするチェック方法をサンプルミッションを例に順を追って解説致しますね

サンプルミッションの全景です

今回チェックするタスクは
•レッドマーカー内の敵を一定数殺害と

•電波塔の破壊

•上記二つのタスク完了後のBaseへの帰還
この3つのタスクになります

ではエディターのプレビューでチェックしていきますが画像のようにPlay in MultiplayからLAN又はInternetを選択してプレビューします。
このミッションはマルチプレイ用なのでより同じ環境下でのチェックが好ましいからです






いざチェックへ(ᵔᴥᵔ)

実際にプレイしながら全てチェックしても良いのですが
私はZeusモジュールを活用して時間短縮します
ZEUSモジュールを配置してOwner欄に
#adminLogged
と記述します

※この記述はアドミン権限者にZEUSの使用を許可します。実際にプレイする時に不要ならばチェック完了後記述を削除しましょう

ZEUSモードに入ってまずはレッドマーカー上空へ。このタスクから確認していきます

さらにMキーを押してMapを開きます

このタスクは敵を一定数殺害なので赤い敵マークをポチポチDeleteしていきます。ポチッと

はい、一定数殺害(delete)タスク完了です(ᵔᴥᵔ)
次に電波塔の破壊を確認します

こちらはZEUS内モジュールを使って電波塔に爆弾を落とします。ドカーン!


電波塔破壊タスク完了&BaseへRTB(帰還)が表示されましたね(ᵔᴥᵔ)

最後はプレイヤーが青マーカー内に入ればRTB完了なので実際に移動しても良いのですが、これも時短します


ALTを押しながら行きたい場所で左クリック(やや長押し)するとその場所へテレポート出来ます

RTBタスクも完了です(ᵔᴥᵔ)

そしてミッションも無事終了(ᵔᴥᵔ)
チェック完了ですね!

他の手法もあります
戦闘エリアの状況チェックもしたい場合、敵兵に撃たれてチェックしきれない事があります。
そんな時は使用するユニットのinitializeに
this allowDamage false;
と記述しておくと無敵になります
安心して戦闘エリアでチェックが可能です。又は
this setCaptive true;
と記述しても有効です。これはダメージは通りますが敵に撃たれる事が無くなります


※上記記述もチェック完了後削除を忘れずに!


ミッションは夜間だけどチェックは全体が良く見える昼間にやりたい!場合はZEUS内モジュールから時間変更するのも方法の一つです








——————————————————————
以上が私なりのミッションチェック方法です
ミッションをプレイしてくれる人達が安心して遊べるようにしっかりと確認していきましょう(ᵔᴥᵔ)
















2017年3月14日火曜日

ARMA3 ---基本操作---

ARMA3の基本的操作を解説致します

一般的なFPSゲームには無い操作が沢山ありますよー(^.^)

[姿勢]

一般的なFPSでは
•直立
•しゃがみ
•伏せ

この三つでしょうかね。リーン可能なものもありますね。

さてARMA3ではこれらは当然としてさらに細かい姿勢制御が可能になっています。

ざっくりした姿勢変更は
•X=しゃがみ
•Z=伏せ

一般的なキー設定とほぼ一緒ですね。ここまではいたって普通。
他のFPSにあってARMA3に無いのはジャンプですね。まあ無くても困りません(^.^)

そしてここからがARMA3独特の姿勢制御です(o_o)
キーボードのCtrlを押しながらSを一回ずつ押してみて下さい
zzz......
Ctrl+Wで姿勢は直立に向かいます

とても細かいですね。さらにCtrl+A またはCtrl+Dで
QまたはEで
先程のCtrl+SやCtrl+Wと組み合わせる事で多様な姿勢が可能になっています。20通りくらいあるんじゃないでしょうか?

さらに

胡座をかいたり
 

敬礼したり
 

操作が多くて大変そうですがそうでもないですよ(^.^)


[マズルコンシャス]
Ctrlキーを二度押しで持っている武器の銃口を下げる事が可能です
間違えて発砲してしまう事がありますが銃口を下げておく事で事故を未然に防げますね(^.^)

[首を動かす]
首だけ動かして周囲を見渡すことが可能です。操作はAltキーを押したままマウスをグリグリ。またTrack IRを使用すれば実際の首の動きに連動します。お勧めですよ!

[歩く•走る]
基本的な歩行キー設定は
•W=前進
•SIFT+W=走る
•W+S=ゆっくり歩く

ARMA3での歩行速度は姿勢状態により可変します。また疲労度も違います。

※追記していきます

2017年3月8日水曜日

ALiVE MODを使ってみよう(Military Placement)

 

今回は敵勢力を沸かす為に必要なModuleについて要所だけざっくり解説致します。ついて来て下さいね(^.^)

使うALiVE Modulesは以下になります。

•ALiVE(Required)
•ALiVE Virtual AI system 
↑この二つは必ず配置して下さいね!

•Military Placement(Civ.Obj)
主に市街地へ敵勢力を沸かせます。
市街地パトロール的な。民兵さんとか?

•Military Placement(Mil.Obj)
軍事施設へ敵勢力を沸かせます。
正規軍なんかこちらでしょうかね。

•Military Close Quarters Battle
建物など施設内にAIユニットを自動配置します。
CQBが捗りますね(^.^)

では一つづつ設定画面を見ていきましょう。

[Military Placement(Civ.Obj)]
 
Enble Debug = YESでデバッグ表示

TAOR Marker =  沸かすマーカー名を記述します。複数マーカーを使用する場合は

Marker1,Marker2,Marker3

みたいにカンマで区切ります。

Blacklist Marker = 指定マーカー内に敵ユニットが沸かないように制限します。ミッションスタート位置などをグリーンゾーンにしたり。
複数マーカー指定はやはりカンマ区切り。

Force Size =  沸かす規模です。画像では約200ユニット沸かす設定になってます。怖い(o_o)

Force Weighting = 沸かす部隊構成みたいな。

•ランダム
•戦車など装甲車両
•輸送車や軽装甲車両
•歩兵のみ
•etc

ミッションの性質やバランスで(^.^)

Readness =  配置される確率。湧く規模を多少ランダムに出来ますね。昨日は分隊規模だったのに今日は二個小隊もいるー!のような。

RoadBlocks =  ロードブロックの確率です。
ALiVE側でインデックスされた位置に置かれます。よくレイアウトが崩れてますが気にしない!
 

SeaPatrols = 海上パトロールの確率。勢力によってはボートが無いのでパトロールしようが無い事もあります。

Force Faction =  勢力を決めます。前記事に解説してますね(^.^)

[Military Placement(Mil.Obj)]

共通メニューは割愛します。

Random Camps = 野営地を配置します

Place air Units =  勢力によりますが航空機などを配置します

Place supplies = バニラ&勢力固有の弾薬箱を配置します

Place ambient vehicles =  無人車両のランダム配置の有無

[Military Close Quarters Battle]
 

Type = 沸かす施設選択 
軍事施設または民間施設です

Spawn Ground = AIが実体化する陸上プレイヤーとの距離
Spawn HeliとSpawn Jetも同様に湧く距離。


こんな感じです。色々設定を変更して遊んでみて下さいね(^.^)